Jørg 成功への道のり



Jørg 成功への道のり

Jørg 成功への道のり-私のハードワークは徐々に報われています:
•春以来 2018 成功したアルバムをXNUMX枚リリースしました
(Jørg - We call it Blues,
Jørg - Love!,
Jørg - Angry Road).
•素晴らしいものがたくさん ギグス ルーマニア、ラトビア、ドイツで
• "Jørg - さようなら、古き良き世界「ユーロインドの音楽チャートのトップXNUMXに入っています。
• "Jørg - Angry Road ツアー” XNUMX月から 2019 (DEおよびROM)
• 2020 EP "スライドフュージョン「と」手術記録" イギリスから

音楽は私の人生です

しばらくの間、ヨーロッパでは成功の道が開かれてきました。 私たち(バンドメイトと私)は、ヨーロッパのライブステージで比類のない多くの瞬間を振り返ることができます。

音楽は多様性であり、音楽は正確です。 それが私の曲の扱い方です。 インストゥルメンタル、ブルース、ロック、アコースティックソング。 これは私の世界、の世界です Jørg。 メニューには、リンク、写真、曲の例があります。 楽しんで閲覧してください!

ブルースと呼んだ…

...しかし、今はインゴルシュタットのブルース&ロックです。 とともに 2019 アルバム "ANGRY ROAD”スタイルはクリアブルースとストレートロック音楽で9トラックに洗練されています。

XNUMX月上旬 2018 私の最初のブルースロックCDがリリースされました”We call it Blues」 それは、ブルース、ファンク、ブルースロック、そしてロックを12トラックで転送します。

その間(2019)も私のソロアルバムですLove!」、これはロックをベースにしており、多くの美しい音響要素が含まれています。

2020:新しいEP "Slide Fusion”すべてのショップでショップが利用可能になりました。 ブルーススライドギターとヘビーメタルの成功したミックス。

ここで あなたは私のビデオを見つけることができます!

私について

Jørg = Jörg Klein -永遠にロック! それは今、ますます明らかになっています。 大成功は夏以来生きています 2018 との外観We call it blues”明確な言葉を話す。 ソロアルバムが出ました」Love!"リリース済み(2019)また、セカンドブルースロックアルバム」Angry Road」 歌があなたの心に届くように。 私の最新プロジェクトは「Slide Fusion「そして、「ブルーススライド」とヘビーメタルの爆発的な混合物で構成されています。

私の音楽は世界中で利用でき(メニュー->音楽->「購入」)、それは非常によく広がります。 もちろんあなたのサポートで...!

「」のXNUMXつのカバータイトルを除くWe call it Blues「(「センチメンタルジャーニー」+「リトルウィング」)はすべて、私が作曲、制作した曲です。 私自身のレコーディングスタジオには、必要なすべてのプロ用機器があります。 Markus MaierでブルースロックのXNUMX枚のCDにドラムを録音し、練習室にドラムマルチトラック録音用の機器をセットアップしました。

ステージでのライブやスタジオでの曲の制作をしていないときは、 ギター教師。 「Jørg「私のアーティスト名です。通常の生活では、私の名前は Jörg Klein ドイツのインゴルシュタットに住んでいます。

私に連絡するか、私に従ってください:

ReViews /ニュース

力と正義のための闘い、復讐、戦争、そして力の測定という古いゲームがすべてです。 良い面と悪い面、黒と白、フロントはよく知られています。 伝説は遠く離れたカリーの地で演奏されており、時間が経ちました。 暗闇の物語を語る、白とテネブラエのエイテルヌス王。 極北からやってきた...

ジョンのロックチャートショー

07.04月XNUMX日のロックチャートショー2020:素晴らしい夜でした! 火曜日に、私は博士によって完全に再設計されたチャートショーの審査員として表彰されました。 Johns Unsigned Rock Surgeryが行動する。 ジョンは、毎週火曜日午後18.00時から午後21.00時まで行われる伝説のラジオ番組をチャートショーに再構成しました。 そうなる …

衛星による「ジョーグスラジオショー」

衛星でのJorgのラジオ番組-「Heyheyheyhey ...私のロックショーへようこそ...」ルーマニア語(および他のすべてのドイツ語を話す)の友人向けにいくつかのエンターテイメントラジオ番組を制作した後、私はここで新しい素晴らしい機会を得ました。 そして、衛星経由で!!! コンテンツはもちろん著作権に関するものです(これは...

コンタクト

こちらがメールのお問い合わせフォームです。